「パッシブデザイン」をご存じですか?

 

こんにちは!
西日本ホーム大分店です。(^^)/
本日は「パッシブデザイン」についてお話させていただきます。

「パッシブデザイン」とは

できるだけ機械設備に頼らず、太陽、風といった自然エネルギーをそのまま使って、
省エネルギーで快適、健康に生活するための設計の思想です。

夏は強い日差しの陰で家の中を吹き抜ける風を味方にする。
冬は冷たい外気を遮断しつつ家の中まで太陽の温もりをしっかり取り込む。
自然の力を最大限活用する設計思想が「パッシブデザイン」です。

パッシブデザインと高断熱高気密住宅の違い

高断熱高気密住宅は断熱のみ考えていますが、
パッシブデザインはさらに以下の4項目を考えています。

断熱      ー まず、断熱をしっかりと。パッシブデザインの前提です。
日射遮へい   ー 次に、夏の日差しを遮りましょう。
通風      ー そして、春や秋は風通し良く暖房エネルギーを使わずに快適。
昼光利用    ー できるだけ、昼光は照明を使わない生活を。
日射熱利用暖房 ー 寒い冬は暖かい日差しを最大限取りいれましょう。

ぜひ新しいモデルハウスでご体感ください。
スタッフ一同ご来場をお待ちしております。

-お知らせ

© 2021 Nishinihon Good Partner Co., Ltd.